ディスクチッパー究極ガイド

ディスクチッパー: 究極のガイド

この広範な記事では、ディスク チッパーに関する重要な質問をすべてまとめました。 その結果、最もよくある質問に対して高度に調査された回答が得られます。  

このガイドは非常に有用であり、初心者と専門家の両方に同様に有益です。 それでは、飛び込んでみましょう!

コンテンツの表

ディスクチッパーとは何ですか?

ディスクチッパーは、ディスクウッドチッパーとも呼ばれ、木材を木材チップに加工するように設計された木材チッパーの一種です。 丸太(皮むき後)、小径丸太や枝(直径200mm以下)などを、長さ、平らな切り込み、厚みが均一な高品質の工業用木材チップにチップ化するのに適しています。 ディスクに切断ナイフが取り付けられていることから、ディスクチッパーと呼ばれています。

製紙工場、パーティクルボード工場、繊維板工場、木質チップ生産拠点などで広く使用されている、高品質な木質チップを製造するための専用装置です。

木材チッパーは機械構造により、円盤に切断ナイフを取り付けたディスクチッパーと、円筒ドラムに切断ナイフを取り付けたドラムチッパーの XNUMX つに分類できます。

ディスクチップ

ディスクチッパーは何をするのですか?

ディスクチッパーは、大きな木材ブロックを小さな木材チップやペレットに切断して細断します。 ディスクチッパーでは多くのアイテムをかき混ぜることができます。 

アイテムのリストは広範囲に及びますが、枝、小枝、葉、有機破片、ボール紙や紙などが含まれる場合があります。 大型の工業グレードのディスクチッパーは、大きなタイヤを粉砕して破片にすることもできます。  

ディスクチッパーの価格はいくらですか?

ディスクチッパーの最終的なコストは、ディスクチッパーの種類によって完全に異なります。 その他の決定要素には、要件に基づく容量と機能が含まれます。

ディスクチッパーの完全なアセンブリの価格は、300 米ドルから 400000 米ドルの間です。 スペックが高く、大量の原料を扱うディスクウッドチッパーの場合、価格は当然高くなります。

最も単純なディスクチッパーでも高額な値札が付いているため、最初はレンタルのディスクウッドチッパーを選ぶのが賢明です。 これにより、このマシンの有用性がよくわかります。 最終的には、決定的な結論に達するのに役立ちます。

ディスクチッパーはどのように機能しますか?

さまざまな種類の木材チッパーには、それぞれ異なる作業原理があります。 

ウッドチッパーのコンポーネント

ウッドチッパーのコンポーネント

  1. ディスクウッドチッパーは、スロットに取り付けられたブレードを備えたフライホイールを備えています。 
  2. アンビルはディスクの真下にあり、上部と下部のケーシングがディスクを包み込みます。 
  3. ウッドチッパーのカッティングディスクはカッティングナイフのハブとして機能します。 
  4. 木製チッパーディスクはフライホイールに似ています。 
  5. 油圧駆動のホイールは、原材料をディスクに近づける役割を果たします。

ディスクチッパー内の原料

原料は投入口からディスクチッパーに投入されます。 モーター駆動のディスクが木材原料に直角に接触し、木材チップに加工します。 

通常、木片の出口として機能するシュートが存在します。 出口ポートまたは排出ポートは、ディスクチッパーからチップを取り出すための空気流の原理に基づいて動作します。 

回転ディスクの垂直位置がブレードの切断精度の原因と考えられます。 原料を直接木質チップに加工することはありません。 代わりに、大きな供給原料または原材料は、まず大きな形状に加工され、次に木材チップに分解されます。

ディスクチッパーの作業能力

ディスクチッパーの作業能力は、ディスクチッパーのタイプとサイズに大きく依存します。 

ドラムチッパーとディスクチッパーの違いは何ですか?

ディスクチッパーとドラムチッパーの議論は非常に人気があります。 以下で両方を詳しく比較しました。

比較ディスクチッパードラムチッパー
Structureディスクに取り付けられた切断ナイフ。 円筒ドラムに取り付けられた切断ナイフ。
価格帯$ 3000-$ 20000$ 12000-$ 48000
最終木材チップ小さいサイズ、均一、長さ3cm以内、厚さ5mm以内大きいサイズ、長さ3-5cm、厚さ5mm
動作原理ディスクナイフで直接切断すると、木材チップがより均一になります 最初にローラーでプレスし、次にフライングナイフでカットすると、木材チップに亀裂が入り、均一ではありません。
容量通常小型、最大8t/h 最大能力 30t/h
申し込み高品質の木材チップを必要とする産業大量の木材チップを必要とする産業 

この議論を解決する鍵は、ディスク チッパーとドラム チッパーの違いを理解することにあります。 

何ですか ドラムチッパー?

ドラムチッパーの名前は、機械の中央にある大きなドラムに由来しています。 ドラムは原料を機械に引き込みます。 

ドラムチッパー

大型の機械で、通常は工業用に使用されます。 ドラムウッドチッパーは、大量の原材料を撹拌することができます。 刃またはナイフは水平方向に取り付けられます。

ディスクチッパーとは何ですか?

一方、ディスクチッパーは、ブレードが取り付けられたフライホイール状のディスクで構成されます。 ドラムの代わりにディスクチッパーのカッティングディスクが付属します。 

ディスクチッパーはドラムチッパーと異なり、刃が垂直方向に取り付けられています。 ディスクチッパーは、家庭用の小型のものから商用グレードの大型のものまで、さまざまなサイズで入手できます。 

ディスクチッパーとドラムチッパー — 比較 

研究 ディスクチッパーはドラムチッパーに比べてエネルギー効率が高いことが証明されています。 また、ドラムチッパーと比較して、製品単位当たりの燃料使用量が 19% 少なくなります。 

ただし、ドラム型はサイズが大きく、デザインがより複雑です。 それに伴い、ドラムチッパーはディスク型チッパーに比べて切りくず排出量も優れています。

この研究では、ドラムチッパーの生産性がディスクチッパーより XNUMX% 高いことが証明されています。 さらに、各機種から取り出されるチップの種類の比較も行いました。 ドラムチッパーで生成される木材チップは、ディスク型のものよりも細かく均一です。  

安全性の比較

ドラムチッパーは安全性の観点から大型の機械です。 強力な吸引力を持ち、生産効率を高めます。 そのため、事故が発生する可能性が高くなります。 それに比べて、ウッドチッパーディスクは比較的安全な選択肢です。

XNUMX 種類のチッパーの最終的な選択は、用途と好みによって異なります。

原料の量が少ない場合や家庭での使用の場合は、ディスク型チッパーの方が適しています。 

一方、大量の原料や商業用途には、ドラム式チッパーの方が適切に処理できます。 このようにして、白熱した議論は比較的決着することになる。 

ペレット生産に最適なディスクチッパーを選択するには?

最適なディスクチッパーを選択するには、調査と分析が必要です。 最適なマシンを購入する前に考慮すべき重要な要素をいくつかリストしました。

ペレット製造に最適なディスクチッパーは、さまざまな要因によって決まります。 要因には、ディスクチッパーの種類、使用する木材の量、指定された予算などが含まれます。 

これは主観的なものであり、ニーズとプロジェクトの複雑さによって異なります。 ペレット製造に最適なディスクチッパーは、一連の要件を満たすものです。 

ウッドチッパーの種類

これは、木材チッパーが必要なプロジェクトの種類によって異なります。 たとえば、小さな森林や裏庭にドラムチッパーが必要な場合は、林業用ドラムウッドチッパーが最適な選択肢です。

簡単に移動できるドラムチッパーを購入することもできます。 

工業規模で木材をチップ化したい場合は、工業用ドラム式ウッドチッパーが必要です。 このようなディスクチッパーは、最大 150 直径の木材をチップ化できます。

削る木材の量

ディスクチッパーは、小規模および大規模の商業規模でのペレット生産に使用できます。 

ただし、ほとんどの場合、ディスクチッパーはペレット製造用の原料を生成するために使用されます。 まず、大きな丸太、樹皮、木の枝をディスクチッパーに挿入します。 大きなサイズの原料は、ウッドディスクチッパーによって小さなサイズの木質チップに変換されます。

大量の木材をチップ化する場合は、強力な木材チッパーが必要になります。 さらに、作業を簡単に実行できる工業用スケールのドラムディスクチッパーが必要です。 

ペレットの製造が必要な場合は、別のディスクチッパーが必要です。 この場合、ディスクチッパーの完成品はペレット製造の原料として使用されます。

 バイオマスペレットの製造ラインではこの木質チップが活用されています。 次に、チップはペレット製造機械によって木質ペレットに撹拌されます。

小規模プロジェクトの場合は、移動式ドラムチッパーが最適な選択肢です。 予算も抑えられ、小さな仕事も完璧にこなします。 

ご予算

最終的には、マシンの予算を考慮する必要があります。 多額の予算があれば、より大きな作業を実行できる頑丈な機械を購入できます。 

さらに、最適なオプションを選択するには、機械の電気代と馬力要件を考慮する必要があります。

手頃な価格のディスクチッパーを購入するには?

ウッドディスクチッパーは、ポケットに入れると非常に重いものになる可能性があります。 「手頃な価格」という用語は、商品の最初の価格だけを指すわけではありません。 長期的には、手頃な価格のディスクチッパーは価値があります。 これは本質的に、ランニングコストとメンテナンスコストを最小限に抑える必要があることを意味します。 

多くのビジネスオーナー、特に初心者は、手頃な価格と初期費用を混同する傾向があります。 残念ながら、彼らの単純な計算ミスが、長期的には問題となることが判明します。

メンテナンスとランニングコストは別として、エネルギーと生産効率も全体として手頃な価格に貢献します。 

低価格のディスクチッパーは、エネルギー効率と生産能力が低い可能性があります。 これでは、手頃な価格の製品を購入するという目的自体が無効になります。 

同様に、初期コストが高いディスクチッパーも、より高いエネルギー効率と高い生産能力を備えていれば、手頃な価格になる可能性があります。 

ランニングコストとメンテナンスコストの削減も、製品の全体的な歩留まりに大きく貢献します。 したがって、製品の費用対効果がさらに高まります。 

したがって、ディスク型ウッドチッパーを購入する前に、適切な費用対効果の分析を行う必要があります。 

手頃な価格のディスクウッドチッパーを探していますか? 当社のカスタム価格パッケージは、お客様の取り扱いコストと製造コストを大幅に削減できるように厳選されています。 市場で最も手頃な価格のディスク型ウッドチッパーの見積もりを得るには、今すぐ当社のサポートチームにお問い合わせください。

効率的な販売前および販売後のサービスにより、当社製品の手頃な価格がさらに強化されます。 さらに、製品および部品の保証もディスク型ウッドチッパーのコスト効率の向上に役立ちます。

初心者のためのディスクチッパーの使い方?

産業用ディスク チッパーを使用する場合でも、家庭用ディスク チッパーを使用する場合でも、まったくの初心者は多くのことを学ぶ必要があります。 

ディスクチッパーの操作面については、十分な理解が必要です。 さらに、ウッドチッパーによる事故もかなり頻繁に発生しています。 初心者の方は読み続けてください。

ディスクウッドチッパーの設置

ディスクウッドチッパーを適当に置くとベストです。 揺れたり傾いたりすることなく、平らに置き、しっかりとサポートされたディスクチッパーは、作業をより適切に実行します。 さらに、ほとんどのディスクチッパーにはパーキングブレーキが装備されており、機械を安定した位置に保つのに役立ちます。

原材料、つまり木材をローラーベルト上に配置する方法を学ばなければなりません。 木材の鋭利な端より先に鈍い端を挿入するのが賢明です。 

機械の加熱を避けてください。

初心者は気づかないかもしれませんが、マシンの加熱は非常に頻繁に発生します。 これを避けるには、乾燥した枝や丸太を備えた緑の枝のような潤滑剤を使用します。 

これにより、機械の発熱が大幅に減少します。 したがって、初心者でも問題なくマシンを操作できます。 

飛び散る切りくずの方向を調整する

ディスクウッドチッパーホイールは小さな木材チップを生成します。 完成品がシュートから飛び出します。 したがって、初心者はチップの方向と距離を調整する必要があります。 

オペレーターが事故の発生を避けるために位置を決めることも重要です。

Fまず、個人の保護。どちらのタイプのディスクチッパーも事故を起こしやすいですが、事故の発生率は工業グレードのディスクチッパーの方が高くなります。 したがって、初心者は、操作を開始する前に、取扱説明書と安全マニュアルをよく読んでください。 

個人の保護は常に最優先されます。 したがって、初心者はディスク型ウッドチッパーを操作する際に、常に適切な個人用保護具を着用していることを確認する必要があります。 

個人の保護には、体にぴったりとフィットする服と厚い手袋の着用が含まれます。 目と耳の保護も重要です。 個人用保護具を適切に着用すると、オペレータの危険が最小限に抑えられます。 さらに、機械には関係当局による頻繁な安全検査も必要です。 

全体として、ディスクチッパーの使用方法に関する適切なノウハウにより、製品の最大の歩留まりが保証されます。

ディスクチッパーのメンテナンス方法は?

メンテナンスは、機器、特に機械を長持ちさせるための鍵です。

よくメンテナンスされたディスクチッパーにより、最大限の歩留まりが保証されます。 ディスクチッパーのメンテナンスが不十分だと、機能が低下します。

ディスクチッパーは使用後に洗浄する必要があります。 この手順により、機械から破片が適切に除去されます。 さらに、圧力洗浄を使用して、ディスクチッパーを詰まらせてその機能を妨げる可能性のある破片を取り除くことができます。

ブレードを長期間繰り返し使用すると、長期的にはその効果と効率が低下します。 したがって、生産性を向上させるために、鈍い刃を定期的に研ぐことが重要です。 専門家に刃を研いでもらうことをお勧めします。 場合によっては、危険を伴いますが、自分で刃を研ぐこともできます。

定期的に専門家による機械の検査を受けることも重要です。 たとえば、エアフィルターやディスクウッドチッパーの部品は定期的に点検する必要があります。 メンテナンスにおいても、高品質な純正部品の使用が不可欠です。 

ディスクチッパーをよくメンテナンスすると、より高品質のチップが生成されます。 したがって、チップの品質の低下は、木材チッパーのメンテナンスが必要であることを示している可能性があります。 

ディスクチッパーナイフ

要約

この記事では、ディスク チッパーに関する包括的なガイドを要約します。 この記事がディスクチッパーの動作について十分に理解し、すべての質問に適切に答えられたことを願っています。 中国で製造された経験豊富なディスクチッパーとして、いつでもサポートを提供する準備ができています。

また読む:

ドラムチッパー購入ガイド 

ブラシウッドチッパー購入ガイド

木質ペレットの作り方 

専門家に相談する

お問い合わせ

この投稿を共有

Facebook
Twitter
LinkedIn

専門家に相談する

お問い合わせ