飼料ミルマシン究極のよくある質問ガイド

飼料粉砕機 - 究極の FAQ ガイド

のいくつかの種類があります 飼料工場機械 市場で入手可能です。 購入する前に何を調べればよいか分からないと、途方に暮れてしまうかもしれません。 お客様にとって適切な製品を特定できるよう、この包括的なガイドを作成しました。

まず、飼料粉砕機が特定の種類の飼料を処理することを知っておく必要があります。 牛の飼料、鶏の飼料、その他さまざまな種類の家畜の飼料を製造する機械があります。 たとえば、最高品質の鶏の飼料は、マッシュ、クランブル、ペレットを製造します。

作る飼料の種類を選択するときは、栄養価の高い配合を作るために必要な原材料と適切な割合について学ぶことが不可欠です。

さまざまな種類の飼料粉砕機と必要な原材料に関する情報を提供しています。 また、そのような工場を開始するために必要な手順も説明します。 この記事には、情報に基づいた意思決定を行うために必要なすべての情報が含まれています。

コンテンツの表

飼料粉砕機とは何ですか?

飼料製造機は、ウサギ、ヤギ、牛、魚、家禽など、あらゆる種類の動物用の食品を製造します。

人々が健康的な食生活をより意識するようになるにつれ、家畜を飼育することを好む人が増えています。 この傾向により、動物や鳥が必要とするすべての栄養素を供給する製品を生産する飼料粉砕機が新興企業や農家の間で人気を集めています。

飼料工場の費用はいくらですか?

家禽飼料製造機にはさまざまな種類があります。 これらのマシンは、サイズ、速度、複雑さ、機能、処理能力が異なります。 また、ブランドやモデルによっても価格が異なります。

あなたが適切な製品を探している初心者の農家または住宅所有者であれば、500ドルから1000ドルの範囲の小型の家禽飼料製造機械を見つけることができます。 中級機の価格は約 2000 ドルから 3500 ドルで、大規模な飼料製造装置の販売価格は最低でも 5000 ドルです。

家禽飼料工場の機械の価格は非常に高いように思えるかもしれませんが、このような費用対効果の高い機械に投資することは、長期的にはお金を節約するのに役立ちます。 また、家禽が健康的に食事をすることも保証されます。

鶏飼料製造機を購入する他の利点については、この記事の後半で説明しました。

飼料工場の効率を高めるにはどうすればよいでしょうか?

他の機械と同様に、家禽用飼料粉砕機の性能、効率、寿命を向上させるために定期的にメンテナンスを行う必要があります。 適切なメンテナンスにより、生産中の汚染のリスクが軽減され、飼料の品質も向上します。

ベアリングに注油したり、ギアボックス内のオイルレベルをチェックしたり、ハンマーミルスクリーンなどの摩耗したコンポーネントを交換したりすることで、定期的な予防メンテナンスを実行できます。 こうすることでさらなる損傷を防ぎ、機械のスムーズな動作を維持できます。

緊急の故障やその他の重大な修理が発生した場合は、ためらわずに専門家に相談してください。

飼料工場の原料は何ですか?

飼料粉砕機は、さまざまな種類の原材料を組み合わせて、家畜、魚、家禽にとって栄養価の高い混合物を作ります。 植物や動物から得られるタンパク質は、この混合物の必須成分です。

飼料粉砕機メーカーが使用する原材料は、トウモロコシ、小麦、米、大麦、大豆、エビ粉、魚粉、カニ粉です。

特定の飼料に含まれる成分の種類とその割合は、鳥や動物の種類、食事の要件、習慣などの要因によって異なります。 これは、適切な栄養素の比率を含むフォーミュラを生成するために行います。

飼料工場をどうやって始めるのですか?

飼料粉砕機は、必須栄養素が豊富で、保管に便利なコンパクトな製品を生産します。 飼料は品質を損なうことなく長期間保存できるため、鳥や家畜がいつでもすぐに供給できるようになります。

家禽用飼料製造機械メーカーとして成功するか、飼料製造工場を立ち上げるには、バランスの取れた飼料を含む飼料を製造するために必要な原材料を検討してください。 生産に必要な設備や技術にも留意してください。

広範な市場調査を実施して、混合する適切な成分を特定し、特定の種類の鳥や動物に合わせた配合を作成します。 このようにするのは、動物が成長し、健康を維持し、体重を増やすために必要な栄養素が異なるためです。 ブロイラーは、採卵鶏と比較して栄養ニーズも異なります。 同様に、乳製品の飼料も肉牛の飼料とは異なります。 対象市場に適したビタミン、ミネラル、酵素、アミノ酸を見つけてください。 動物飼料に含まれるトウモロコシ、小麦、骨粉などの一般的な成分をリストしました。

販売する飼料製造装置を選択するときは、機械の目的と生産する飼料の種類を考慮してください。 飼料工場で一般的に使用される機械には、重量計量機、粉砕機、混合機、ふるい機、ペレット化機、冷却機、飼料を包装するための袋などがあります。

必要なすべての機械を購入するのが簡単になるため、飼料粉砕機を製造する評判の良い会社を見つけてください。 このような会社は、機械の選択とその設置と操作方法を支援することで、飼料工場の開始方法をガイドします。 家禽用飼料製造機のメーカーは、製品を加工し、バランスの取れた食事を確保するために必要な原材料の選択もお手伝いします。

飼料工場は儲かるのか?

はい、もちろん。 飼料粉砕機はかなりの費用がかかるかもしれませんが、長期的には時間とお金を節約できます。 動物用飼料の購入にかかる全体的なコストが削減され、家禽や家畜の栄養要件を満たすために必要な成分を選択できます。 飼料をコンパクトなペレットにすることもできます。これにより廃棄物が削減され、効率的になります。

平均 毎日の肉の摂取量 アメリカでは3.13から4.8オンスです。 XNUMX位は鶏肉、XNUMX位が牛肉です。 米国農務省 (USDA) お勧めする 2代の若者と大人は3日あたり鶏肉、魚、肉をXNUMX~XNUMX食分摂取すること。

現在、成長を促進するためにホルモン剤や抗生物質を与えられた動物の肉を避けるために、家畜を飼育することを選択する人が増えています。 これは、動物飼料の需要も高いことを意味します。 したがって、飼料粉砕機をお持ちであれば、安定した需要と製品の市場の準備が期待できます。

家禽飼料工場を設立するにはどうすればよいですか?

家禽飼料工場の設立を計画している場合、正しい情報があれば簡単に設立できます。 栄養価の高い飼料を作るために混合する必要がある原材料の種類と割合を決定し、信頼できる供給者を見つける必要があります。

鶏肉がより多くのエネルギーを生み出すカロリーが豊富であれば、餌の摂取量が少なくて済むことをご存知ですか? 冬の間は体温を調節するためにより多くのエネルギーを必要とするため、大量の餌を消費します。

次に、希望する工場の規模、生産能力、ペレットの直径を特定し、鶏飼料粉砕機を設置するのに適切な場所を選択します。

家禽飼料製造機には、サイズ、速度、容量、飼料の種類などの要因に基づいて、さまざまなタイプがあります。 1000万円以下の製品もあるので予算に合った機材が見つかります。

長持ちし、最高のパフォーマンスと効率を提供する最高品質の機器のみを購入する必要があります。 優れた 飼料粉砕機メーカー CE認証、ISO9001 2000認証、SGS認証特許により、優れた製品と研究開発のための有能なスタッフを擁します。 これにより、家禽用飼料粉砕機の購入プロセスがスムーズになり、問題が発生した場合にカスタマー サポート スタッフに連絡することができます。

養鶏飼料加工工場とは何ですか?

これは、家禽の栄養ニーズを満たすように設計されたさまざまな成分から作られた特定の配合で鶏の飼料を製造する家禽飼料工場を指します。

養鶏飼料工場で加工される鶏の飼料には主に XNUMX 種類があります。 これらは:

マッシュ:この種の餌は、雛が消化しやすいように作られています。 完全な加工が施されていないため、緩い状態となっております。

クランブル:この飼料はマッシュの粗いバージョンです。 オートミールのように部分的にゆるく、ペレットほどコンパクトではありません。 一部のバイヤーは、マッシュとペレットの最高の世界を提供する中間の飼料と考えています。

ペレット: 家禽用飼料製造機で製造される最も一般的な飼料です。 ペレットは完全にコンパクトな形状に加工されます。 メーカーは長寿命を実現するためにペレットを乾燥させています。

家禽飼料加工工場には、粉砕、混合、ペレット化、冷却、乾燥、包装のためのさまざまな機械が備えられています。 それは、鶏の飼料の種類が異なると、異なる段階を経るからです。

家禽の飼料はどうやって製造しているのですか?

家禽用飼料製造機の価格はモデルの種類によって異なります。 特定のマシンの機能とメカニズムも同様に依存します。 ただし、家禽の飼料を製造する際には、これらの機械すべてに適用される基本的なプロセスがあります。 以下では、これらの簡単な段階について説明します。

最初のステップは、原材料を粉砕または粉砕して、家禽がより早く食べて消化できる粉末にし、成長と卵の生産を促進することです。 このプロセスには、 ハンマーミル または研削盤。

次に、鶏飼料工場混合機は、さまざまな原材料を均一に混合して、ミネラルと材料の均一な混合物を生成します。 マッシュと呼ばれるこの混合物は、さまざまな種類の成分がさまざまな部分で構成されています。 家禽の飼料に使用される原材料には、小麦ふすま、骨粉、トウモロコシ粉、大豆粕などがあります。 雛用の自家製マッシュのみが必要な場合は、これで製造プロセスは終了します。 それ以外の場合は、第 XNUMX 段階に進みます。

家禽用飼料製造の第 17 段階はペレット化です。 このプロセスでは、混合物をダイとローラーを備えたペレットミル機械に入れて、粉末混合物を約 XNUMX% の水分含有量がほとんどない圧縮された乾燥したペレットに変換します。 これらのペレットにはいくつかの利点があります。 その中には、コストの削減と家禽の飼料効率の向上により、肉と卵の生産を促進することが含まれます。

ペレット化後、家禽飼料製造機械のメーカーは、周囲温度に合わせてペレットを冷却し、乾燥させます。 このステップは寿命を延ばすのに役立ちます。

家禽用の飼料を自宅で作っている場合は、家禽に給餌する準備ができています。 しかし、販売用に飼料工場設備を使用している場合は、購入者向けに家禽の飼料を包装できる包装機が必要になります。

家禽の飼料の成分は何ですか?

家禽用飼料粉砕機の注目すべき利点は、家禽が適切な栄養を得るために必要なあらゆる種類の原材料を使用して飼料を調整できることです。 その結果、より健康的な肉や卵をより多く摂取できるようになります。

家禽の飼料に一般的に使用される成分には、ふすま、小麦、トウモロコシ、大豆粕、牧草などがあります。

家禽飼料の製造は儲かりますか?

による 統計 米国農務省 (USDA) によると、40 年前と比較して、消費可能な鶏肉の入手可能性は 65.2 倍以上になっています。 アメリカでXNUMX人当たりに入手可能な鶏肉はXNUMXポンドと推定されている。 鶏肉の消費量が増加する傾向は他のいくつかの国でも同様です。 このデータを念頭に置くと、家禽飼料製造がなぜ非常に収益性が高いのかが理解できます。 中国、米国、南米などの国々には、大量生産用の大規模な飼料粉砕機があります。

家禽用飼料の製造には複数の利点があります。 これらは:

多用途の用途: 家禽用の飼料製造機は、羊、馬、豚、ウサギ、魚、牛の飼料も製造できます。 これにより、家畜の成長、健康、卵と肉の高生産に必要な栄養素が確保されます。

さまざまな動力源: 家禽用飼料製造機は、電気で駆動されるモーター、またはディーゼルまたはガソリンを燃料とする内燃エンジンを備えています。 したがって、好みの電源に基づいて理想的な製品を選択できます。 たとえば、遠隔地の農家にとっては、ディーゼルまたはガソリンを動力源とする飼料粉砕機の方が実用的であると考えるかもしれません。 それ以外の場合は、電気モデルの方が効率的で環境に優しいです。

複数のサイズ: 機械はさまざまなサイズとさまざまな生産能力で利用できます。 それは家禽飼料工場の機械の価格に違いをもたらします。 50 時間あたり 1000 kg の低容量の小型飼料製造装置が XNUMX ドル未満で販売されています。 予算が限られている場合には便利です。 後で時間をかけて高度なマシンにアップグレードできます。

さまざまな予算に対応するだけでなく、サイズが異なるため、さまざまなダイ直径を使用してさまざまなサイズのペレットを製造し、さまざまな顧客のニーズを満たすことができます。

専門家に相談する

お問合せ

この投稿を共有

Facebook
Twitter
LinkedIn

専門家に相談する

お問合せ