インドの肥料市場動向の課題と機会

インドの肥料市場: トレンド、課題、機会

インドには農業国として豊かな歴史があります。 農業部門は国の経済において重要な役割を果たしています。 インドの食糧安全保障を確保するだけでなく、人口の大部分を雇用しています。

インドの肥料市場は、増大する国内の農業需要を支える上で非常に重要な意味を持っています。 インドの農業産業の要のようなものです。

このレポートでは、インドの肥料市場の概要を説明します。 市場規模、トレンド、現在の課題、機会についての洞察を提供します。

インドの肥料市場の概要

インドの肥料市場の概要

インドの肥料産業の若い歴史は 1960 年の緑の革命にまで遡ります。長年にわたり、いくつかの浮き沈みを経験してきました。 人口増加、食料需要の増大、政府のプログラムなど、いくつかの要因がその成長率に影響を与えます。

2022年には、 インドの肥料市場 999.40億ルピーと評価されました。 1459.95 年までに 2029 億 5.7 万ルピーの価値に達すると予想されています。この成長は XNUMX% の CAGR で起こります。

インドは 50 年までに 2026 万トンの肥料を生産すると予想されていますが、他の種類の肥料については他国に依存することになります。

予測によると、インドの肥料輸入量は 8.5億トン 2026 年までに、毎年 4% 成長する見込みです。

インドの肥料産業にはいくつかの主要企業が存在します。 これには政府機関と民間団体の両方が含まれます。 National Fertilizers、Rashtriya Chemicals & Fertilizers、Tata Chemicals、IFFCO などがその例です。

インド肥料市場の現在の動向

インド肥料市場の現在の動向

  • 最近、インドは肥料をバランスよく使用し始めています。 政府のプログラムは、土壌全体の健康を高めるためにカリ肥料とリン酸肥料の使用を促進しています。
  • 政府は肥料補助金に関するいくつかの改革を計画している。
  • 農家は化学肥料よりも環境に優しい肥料を好みます。 農業が環境に与える影響を軽視することに貢献しています。
  • インドの農家は、作物や土壌の特定の栄養素要件を満たすカスタマイズされた肥料ブレンドを採用しています。
  • 世界的な肥料価格の高騰とサプライチェーンの混乱がインドの肥料市場に影響を与えている。

インドの肥料産業の課題

政府補助金への依存

政府補助金への依存

インドの肥料市場は政府の補助金に大きく依存している。 この援助は確かに農家に手頃な価格の肥料を提供するために必要ですが、政府に多大な財政負担をもたらします。

報告書によると、ロシア企業はインドへの肥料の割引価格での供給を停止した。 これでインド政府はロシアからリン酸二アンモニウム(DAP)を割引価格で購入できなくなる。 輸入コストや政府の補助金負担が増加するのは確実だ。

重要な点は、同国のロシアからの肥料輸入が4.35~2022会計年度で約23万トンだったということだ。 関係者によると、 ロシアは DAP をトン当たり 80 ドルで提示していたが、現在の価格は原価と運賃ベースでトン当たり 570 ドルである。。 この DAP 価格の上昇は、世界的な供給不足によるものです。

化学肥料の環境影響

化学肥料の環境影響

インドの肥料市場にとってのもう XNUMX つの大きな課題は、化学肥料が環境に与える悪影響です。 とおり タイムズ・オブ・インディアの報道, 化学肥料の過剰使用は水質汚染や土壌劣化などの問題を引き起こしています。 したがって、当局は環境に優しい有機肥料を奨励しています。

技術的な限界

政府の取り組みにより多くの改善が図られていますが、業界はさらなるイノベーションを採用する必要があります。 インドの肥料市場は、新しい肥料配合の革新に注力する必要があります。 研究開発へのさらなる投資は、農業業界や農家の刻々と変化する要件を満たすのに役立ちます。 

肥料の配布

インドにおける肥料の配布

インドの肥料市場は、流通ネットワークの大規模な改善を必要としています。 農村部では、肥料をタイムリーかつ手頃な価格で入手することが大きな課題となっています。 農家が必要なときに肥料を受け取っていることを確認するには、肥料の輸送と流通の改善が必要です。

品質管理

異物が混入した肥料の存在を特定して廃止することは、インドの肥料部門の成長に対するもう一つの大きな障害です。 国内の肥料の品質管理には体系的な変更が必要です。

肥料管理命令は、必需品法第 3 条に基づき、肥料製造業者、販売業者、輸入業者に強制登録を義務付けています。

肥料の品質を管理するためにいくつかの政策が課されていますが、さらなる厳格さが必要です。

インドの肥料市場の機会

インドの肥料市場の機会

インドの肥料セクターにはいくつかの課題がありますが、それらはさまざまな機会をもたらします。

有機肥料

過去数年間、インドでは有機農業が大幅に成長しました。 2021 年から 2022 年にかけて、国は 4.73万ヘクタールの土地 有機農業に向けて。 政府はインドで有機農業を促進するためにさまざまな計画を立ち上げました。

パランパルガット クリシ ヴィカス ヨジナは、インド政府が実施している有望なプログラムの 3 つです。 それでも、国内で生産される農場肥料の総量では、国の要件のわずか XNUMX% しか達成できません。 農業ベースの新興企業にとって、 有機肥料生産ライン そしてギャップを埋めます。   

技術の進歩

インドの肥料会社は数多くの技術進歩を取り入れてきました。 Indian Farmers Fertilizer Cooperative Limited (IFFCO) は、 ナノテクノロジー製品 彼らは、ナノ亜鉛、銅、窒素などの製品を発売することで、化学肥料の使用を最小限に抑える実験を行いました。

多くの農業ベースの新興企業が有望な業界に登場しつつある 肥料事業計画。 たとえば、Ecofinix はその XNUMX つです。 廃棄物を有機肥料に変換するスタートアップ。 そう

この分野では可能性は無限大です。

輸出の可能性

インドは確かに特定の種類の肥料を輸入しており、肥料の主要輸出国となる可能性がある。 統計によると、肥料生産量は次のとおりです。 50年までに2026万トン.

しかし、インドの肥料会社は輸出の可能性を高めるためにさらなる国際協力を必要としている。 さらに、この期待に応えるには、国際品質基準を遵守することが不可欠です。

データ駆動型ソリューション

インドではデジタル化が進んでおり、肥料会社にはこのテクノロジーを採用する機会があります。 農業業界におけるデータベースの分析は、農家に多数のデータ駆動型ソリューションをもたらすことができます。 

最後の言葉

インドの肥料市場は、政府の取り組みと技術の進歩により大幅に成長しています。 さらに、環境への懸念により、肥料会社の運営方法も変化しつつあります。 有機食品への需要の高まりは、バイオ肥料メーカーにとって大きなチャンスをもたらすでしょう。

関連記事 : 

有機肥料生産ラインのコストと利益の分析

有機肥料生産ラインのコストと利益の分析

完全な有機肥料生産ラインのコストはいくらですか?

有機肥料生産ラインのコスト

2023年有機肥料生産ライン究極ガイド

有機肥料生産ライン

2023 年に肥料事業計画を始めるには?

肥料事業計画

専門家に相談する

お問合せ

専門家に相談する

お問合せ